乗鞍岳ハイキング

9月19日
前日の疲れは取れてすっきり、朝一のシャトルバスは6時10分、それに間に合うように駐車場へ
いそいそ切符を買いに行くと、今道路状況を調査しに行っているので連絡待ち、OKが出たらバスが出るとのこと。
なんだかなぁ~午後にはお天気回復していたんだから何も当日に調査もよくわからない(-_-;)
なんだかんだと、うろうろしてるといきなりバスが着て、慌ててまって~~~で一番のバスに乗れました(;''∀'')

畳平は風が吹き荒れていて、寒い。達磨にならない程度に着こんで出発~
どこを見ても絶景で、ばつ丸は憧れの槍ヶ岳がよく見えるのでそっちばかり気になるようだ。
富士山も小さく遠くに見えたよ。
下調べで乗鞍検索していたら、御朱印があったので、忘れずにリュックに入れてます。
便利な世の中です。
剣が峰、花もないし、励ますものはなかったものの御朱印、御朱印と頑張れました。飛ばされそうな風ですよ~
怖かった~私は風に弱いです。

札幌から来ていたハイカーさん、私たちよりたぶん歳が上と思われ、屋久島に行った帰りに初めて来たという。
前日着たけどシャトルバス運休のため帰ろうかと思ったけど、早く帰ってもやることないので泊ったとのこと。
時間があって元気があってそこそこのお金があれば、いろんなことにチャレンジできるんだと思ったわ。
でもばつ丸は風も高いところも強くてハラハラでしたよ。
まとめた写真norikura7fd4c63.jpg
400枚以上の写真の選択にまったくぅでしたが、ヤマレコで公開していますので、よかったら私と一緒に乗鞍岳剣が峰、富士見岳行きましょう~


乗鞍高原

9月17日
台風は心配だったけど、宿を取ってあるのでのんび向かう。
夕方になり松本のイオンモールでショッピングしようと何やら混雑しているけど駐車場に入れた。
松本のイオンモールはすっごい大型で、3館に分かれているようでしかも大々的にセールをしていた。
リニューアルオープンかな?お店の前にお花が飾られていたしね。
ふらふらざっくり眺めて歩いたけど、寄り道なのでなかなかこれというものがなくて、フードコートにて夕食を済ませ、そこから30分で乗鞍シャトル乗り場駐車場に着きました。
一日目は車泊でぐっすり、とはいかず台風がやってきた。
夜中のすごかったことったらなかったわ。うとうとしてトイレに行きたくなったけど吹き飛ばされそうに出ることができない。
焦った~毎度緊急用のトイレを用意しなくちゃと思っているのにね。
何とか弱まったタイミングで行けてよかった~
9月18日
台風一過を期待しての車中泊、周りの車もそうだ。ご来光バスの最終日だからね。
期待外れに雨風が一向に止まず、そういえばバスも来ない。
ハイキングは明日にしようと決めてはいたものの、なんかあきらめきれずうだうだと雨が上がるのを待っていた。
そしたら、台風の後なので今日は終日運休とのことを切符売り場で知った。
放送なりバス停なりに知らせてくれればいいのにと、なんか不親切だと思いながら、気持ち切り替えて乗鞍三滝に高原の散策を楽しんだ。
午前中は雨が降っていたので、傘をさしたり、合羽を着たり(笑)IMG_0833norikura.jpg

午後からは日差しも出てきて、高原を楽しむことができました。
いろんなハイキングコースがあって、いくらでも時間をつぶすことができました。
ばつまるのヤマレコに画像を入れたのでよかったら見に来てください。
カレンダーのような風景ですよ(*^^)v

昼食も口コミでおいしいと評価が良かったお蕎麦屋さんもそんなこんなで並ばずに食べれました。
夫婦のランチです。norikura5410e41.jpg
夜は楽しみにしていたペンションでツリーハウスでバーベキューだったのですが、疲れがドバっと出ちゃってあまり食べれなかった。
薬を飲んで早めに就寝。norikura_daa7db1.jpg

トイレに起きた夜中、窓の外の星空は半端な美しさじゃなかったわ
床暖房がうれしかった~


やっとたどり着いた日向山

9月9日土曜日
次の週は連休でお出かけ予定もあるので、家のことをしようと決めていたのに、あまりのいい天気に早起き(歳のため)してしまい眠れなくなったこともあり(たまにそういうことがある)どこか行こう
ばつ丸一押しの日向山、検索してみると、ファミリーコースで初心者向きとあったので、それならと出かけました。
ところが尾白川渓谷駐車場から50分山道をひたすら登らないと日向山登山口にたどり着けなかった。
日向山登山口の駐車場は人気どころで混雑しているしトイレもないので、それならと前にも利用したことのある駐車場に決めたのだった。
IMG_0700hinata.jpg
しかし、この50分はきつかった~55分で時間的にはそんなに多く使わなかったけど、疲れは想像以上。
やっと、スタート地点に立って、頑張ったけど10/3時点で、暑さと疲労と寝不足で寒気までしてきた。上からさっそうと降りてくる男性にあとどれくらいですか?と思わず聞いてしまった。
尋ねられた方はびっくりしてあと7ぐらいですよ。聞くのが早すぎたってことだ(笑)
今日はだめかもしれないと、ばつ丸に訴え、とにかく水を飲めと飲むがたいして飲めない。
ゆっくりながら10/5まで来た。もうだめだ。
座り込むと、上から慌てて駆け下りてきて日影に日影にと心配され、自分よりたぶん歳が上のご婦人達に、私でも登れたから大じょいうぶですよと。
ばつ丸は、また今度上の駐車場に置いて再挑戦しようという言葉に嫌だ、もう来ないしと元気を出して。
ふぅと息を整えるたび、上からさわやかに降りてくるご婦人たちに絶景ですよともうちょっとですと、やっとたどり着いた絶景です。
IMG_0742hinata.jpg
たくさんのハイカーさんが海辺で遊んでいるような風景、目の前に八ヶ岳。
高齢のハイカーさんから一桁の子供までたくさん(^^)/みんな元気だ~
お昼を食べて、ゆっくりゆっくり元気を充電してお花も楽しんで。
IMG_0767hinata.jpg
花崗岩の白い砂、岩はしっかりしていても砂の部分はズリズリで怖いのにばつ丸は上に乗るよね~(笑)
IMG_0784hinata.jpg
八ヶ岳も雲がかかってきたし、さて降りようか~
元気になったものの、同じ分だけ降りなくちゃならない。
腰もひざもガタガタになりながらも無事車に戻れました。

日本にもまだまだ見たことのない風景がたくさんあるんだよね。先があまりないから辛かったけど日向山雁が原の花崗岩の上に立ててよかったです。

あとから思えば、この時、いつも着用しているひざサポートのタイツを前回のハイキングで破ってしまい、今回はサポートは大切なのでその上に敗れを隠すため長ズボンを履いていった。そのズボンは登山用じゃないので滑らない、そういう小さなことの重なりなんだね。それに温度調節のヘタな私は日焼け止めの腕カバーで調節しているのに今回付け忘れてる。
いくら初心者向きといってもなめてかかってはいけないね。

ばつ丸のログでは高低差1000m、きついはずだ~でも皆さんほんとに元気です。

若くて背も高くてかっこいいパパが赤ちゃんおぶるリュックを背負って追い越していった。上からもそんなリックのパパが降りてくる。
はぁはぁいいながら、人生やり直せたら、生まれ変わったら、あんなかっこよく生きたいねと、、、ばつ丸もかっこよくはないけどうんうんと。

山野草はオオビランジが初めてです。ばつ丸のヤマレコに写真を入れました。よかったら見に来てくださいね。

9月のカレンダー白谷丸から富士山

日曜日、天気もいまいちで天候のせいか夫婦で腰痛。湿布などしてごまかしごまかししているけど、気になるカレンダーの景色。
このカレンダーは毎月あてにならないと言ってはいるけど、気になる(笑)
ならば、行ってみようと、湯の沢峠から白谷ノ丸、ついでに雨が降らなかったらお花畑に行こうと、出だしは遅かったけどGO!
途中、見えないと思っていた富士山が見えていた。消えるかもなので撮っていこう。
いいところにマルバタケブキ、立派なお花に色どりしていただいたわ。20170903_100602-1.jpg
駐車場に着くと車はいっぱいだったけど、もう帰りの車もありでタイミングよく駐車できた(^^)v
ちょっと歩けば着くかと思っても、この弱足、途中で帰るかな、とぼやき始める。
そんなときの前を行くばつ丸の声かけ、コウリンカがいっぱい終わっているけどきれいなのもあるよ。
しょうがない、自分の目で見て自分でシャッター押したいよね、しぶしぶ行った。
その先は、お花だらけ、あらあら、こっちもあっちもと、進まないながらも登頂(笑)
yunosawa0511.jpg
これは最盛期のころに来ればオレンジ一色になるだろうか?と思わせるぐらいの群生です。
コウリンカ、絶滅危惧種に入っていると聞いたけど、ここまであるとタンポポとおんなじだよ。
っで、富士山は見えなかった。カレンダーのお花はヤナギランが満開、お盆に行った志賀高原でヤナギランは終わりのころだったので、まさかと思ったけど、枯れたヤナギランも見つからなかった。
富士山見えなくても新しい発見もたくさんあったのでまったく残念じゃない。
お花畑に向かうと青空も見えて、落ち着く景色。
このお気に入りの景色を見ながらおにぎりを食べた。yunosawa_a0939cc.jpg
ウメバチソウ、コウリンカ、ハナイカダ
桜の葉の紅葉も見れて、家でグダグダしてなくてよかったわ~
カレンダーありがとう~

yunosawa0642.jpg

綺麗綺麗♪
帰り道、最近近所から消えたメハジキがいっぱい咲いていた。フシグロセンノウ、クサボタンも、、、、

ばつ丸のヤマレコに写真を入れました。

だんだんと、花の名前もすんなり出てこなくなって、ブログ書くにも何するにも時間がかかって、頑張っても頑張ってもなかなか大変な作業になっています。
遅れながらも、頑張って書かねば。と、自分を叱咤激励。
お花に元気をもらってます。mehajiki_0685.jpg



12日~20日のお休み

お盆休みが始まっているけどいまいちな天候が続いています。
三つ峠も気になるところだけど、突然の集中豪雨に耐える体力はないし、眺めています。
初日はまずは、デパート夏物値下げを見逃してはならないと、行ってきた。
甲府は暑い。車から降りたとき気を失いそうだ(笑)デパート内は涼しいくらい。
お買い物も済ませ用事も済ませ、あまりの暑さに氷でも食べたいと河口湖に向かうが、着けば寒いくらいで食べたくなくなる。
私はいつになったら信玄かき氷が食べれるんだろう(-_-;)
13日、やっぱり突然の雨予報、三つ峠を眺めるも雲の中。
ばつ丸が、もしかしたら富士山の一合目までにコウリンカやレンゲショウマが咲いてるかもと車で行ってきた。
中の茶屋から馬返しまでの森の中、時々車を止めて山野草を楽しんだ。
登山道もあったのでいつ降り出してくるかわからない空模様だったけど、少しの時間ならと車を置いて馬返しを目指す。
車道は富士登山客を乗せて馬返しから出発のタクシーが行ったり来たり。
ウバユリ、ナンバンハコベがたくさんに満腹になって、森林浴を楽しんだ。
すぐ着くと思っていたので傘も持たずに歩いているとぽつぽつきた~~~。
20170813_115601.jpg
森の中は雨が当たらないほど葉が生い茂っているけど、馬返しに着いた時はだいぶ降ってきた。
これから上る方たちは雨具を着て準備体操。頑張ってくださいね~
大急ぎで車に戻るも、結構な道のり(笑)
途中傘をさして半そで短パンの外人青年に出会う。やっと車に乗り込んでUターン場所を探しに上に走るとその外人が立っていた。
英語わからないけど、なんとか話しかけ、どこまで行くのか?富士山という。
その恰好じゃ無理、雨具は持っていないのか?計画は?計画なしで富士山駅からすでに長い時間歩いてきてあとどれくらいか?と聞かれ、まだ一合目も行ってないし、とても無理、降りたほうがいいことを伝え、車に乗せた。
日本語が少しわかり助かった。明日東京に帰るという。何もかもオーノーε=( ̄。 ̄;)フゥ
温泉に行きたいというので富士急ハイランドの温泉ならわかりやすいのでそこで下した。
五合目で無謀な外人登山客がというのは、こういうことか。
とにかく下してホッとして私たちはランチを取っていたら、集中豪雨のすごいこと~よかったよ、あの外人。
道路も滝のようになった。富士山のほうはわからないけど、みんな大丈夫だろうかと心配~
その後はずっと雨が降り、よかった三つ峠にいなくてと、、、、(-_-;)
ばつ丸のヤマレコに山野草載せています。帰ってから調べたら、一合目から少し上がったところにレンゲショウマが咲いているようです。
今度馬返しに車を置き、五合目を目指してみようかなぁなんて思いました。

谷川岳ハイキング

遅れてしまったけど、17日に谷川岳ハイキングを決めました。
少し自由な時間が取れ、お休みも取れるようになったばつ丸は、お出かけ計画が次々です(;^_^A アセアセ・・・
まさかの谷川岳、ロープウェイに乗れば挑戦できない山じゃないとか、あーだのこーだの。
夫婦がとりあえず元気であれば、私は無理でもまぁ付き合ってあげようかと、日帰りはきついので空いてる宿泊所を決めました。
決めたら、あとは行くっきゃないですね(笑)
3連休最終日早朝初の予定が、せっかく行くのだから観光しながら行こうということになって、清里、軽井沢を経由して車中泊。
夜は雨が降っていたけど、何とか持ちそうな天候にGO!
お日様がギラギラしてなくて、まぁ景色的にはNGでもハイキングには助かった。
下りたところは天神平、ニッコウキスゲが満開で、ここで十分(笑)ヤグルマソウも立派だわ(^^)v
IMG_0042tanigawa.jpg
でもせっかく来たのだから、一応ヤマレコにて上った方々の写真も見ているので行けるとこまで行こう。
雪の上を歩くのはわかっていたけど、だいぶ溶けてきていた。アイゼンはいらないとのことだったので何とか滑らずクリア。
帰りは嫌だなと思いながら、しょうがない。
IMG_0186tanigawa.jpg
ちびっこもたぶん自分より高齢の方もみんな元気で頂上目指してる。
山野草も応援してくれてるようなので、後から来る人に道を譲り、ゆっくりゆっくり一日を楽しむ感じで、なんとか登頂
谷川岳トマノ耳(1963m)先のオキノ耳(1977m)ばつ丸は奥の院まで行くけど私は、もうこれ以上下がって上がってはきついので、お花と遊んでることにした。IMG_0263tanigawa.jpg

チングルマの花が終わったフサフサとハクサンイチゲの花弁が落ちた姿、ほれぼれするわ(^^)vIMG_0315tanigawa.jpg

ちょうどこの辺は断崖絶壁ははずだけど、雲のおかげで恐怖は感じなかったわ。IMG_0299tanigawa.jpg


昨日やっとばつ丸のヤマレコに写真を入れたので、よかったら一緒に谷川岳に行きましょう~♪
お花もたくさん撮りましたよ~

下山は体がばらばらになるほどで腰も痛くて、お日様が出ると暑くて暑くて髪の毛から汗がポトポト落ちるほど、ホテルでの温泉で温泉ばかりは周りの人より早く立ち上がるけど、それでも頑張って一分二分(笑)
朝もしょうがない腰のため浸かって、温泉効能で次の日の観光ができました(^^)v

今年も会えました(^^)v

行ってきましたよ。三つ峠
二週間前には一番楽なコースを選択したのですが、今回は我が家から見える三つ峠達磨石からのコースに決めました。
元気に出発したのですが、思ったより暑さがきつくなるたけ汗をかかないようにといってもぽたぽたぽたぽた止まらない。
いつものごとくちょっと熱中症気味に早めに処置したり対策したりだったけど、目的アツモリならへこたれるわけにいかない。
いつもなら、降りるとかぼやきだすのだけど、今回は歯を食いしばった(笑)
人の倍近くかかったかもだけど、会ってきました。
20170624_120954.jpg
美しいです。
カモメランもまだまだ盛りに咲いていたしノビネチドリも咲いていました。
噂で聞いていたキバナノアツモリソウも見れてそれはうれしいハイキングでしたよ。
6234atumori.jpg
しかも二週間前に教えていただいた方角に行くと群生まで見ることができました。
野原になっているところにところどころ鉄格子で保護されていたりバラ線であったり、がっつり守られています。
動けない植物なのでとらわれた感はなく、でも盗掘しちゃう人の常識疑ったりしますが、いろんな考え方の方がいるのでこういう手段もありがたいことです。
もう、あまりのヘロヘロ感はもう思い残すことないから、これが最後の山野草で構わないからと二度と高度差700~800mなど挑戦はすまいと思いましたよ。
ちょっと体調も壊してしまい、筋肉痛もあったりですが、そんなときに限って用が溜まっていて出かける用事があります。

やっと、ヤマレコに写真を入れたので、美しい山野草見に来てくださいね。

大賑わいの高尾山へ再び

ヤマレコで、高尾山にウリノキの花、セッコクが咲いている情報を見て、出かけました。
高尾山はハイカーさんでいっぱい、トイレとかの大混雑はなくお昼もベンチに座れたのでよかった。
くたびれたらケーブルカーで下りようとたまにはいいよねと思ったけど、ケーブルカーの長蛇の列にはびっくり。
結局歩きましたよ。
小学校の遠足に来た高尾山の思い出はさる園で、何十年かぶりに寄ってきました。
赤ちゃんがかわいかったです。
野草園もあって、園内散策して楽しんできました。
ウリノキは下を向いて歩いていたら、お花が落ちていて思わず拾ったけど拾った花はばらばらになって、上を探したら咲き残っていたのでよかったです。20170617_104739.jpg
セッコクはなかなか見つからないで、テイカカズラと間違えて望遠で撮ったら花の形が違うと残念。
こんなに木の上に這っうテイカカズラを眺めたことはないわ(笑)
今回の初めては、ウリノキの花はもちろん、小さなウメガサソウ、セリバヒオウレン、オオハンゲなど。
ヤマレコに写真を入れたので見てくださいね。
6号路から帰りは3号路で下る予定が、薬王院で御朱印いただきたかったので1号路で途中2号路に入って下山でした。
高尾山薬王院6月
お手軽な山なはずなのに、かなりヘロヘロ、前回木の根につまずいて転んだので、今回は慎重に慎重に。
夕食はお弁当を買って楽をしました。

カウント
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

☆キティ

  • Author:☆キティ
  • 湘南生まれ、富士五湖周辺?に引っ越して早24年。にぎやかだった我が家も一人減り二人減り、とうとう二人きりの生活です。
    夫婦でハイキング、一人の時間は手作りを楽しんでいます。
    フェイスブック&ツイッターも楽しんでます。
    ☆つぶやきはリンクから登録してなくても見れます。
    ジンジャーママのお顔で頑張っています(^^)v
    画像がきれいでびっくり~
カテゴリー
リンク
ブログ内検索